「平均寿命」と「健康寿命」の違い、知っていますか? 介護期間を長くしないためにできること 

「平均寿命」と「健康寿命」
2021年9月26日 記事更新

日本の平均寿命は年々伸び傾向にあり、人生100年時代が近づいています。
年をとればとるほど、健康の重要さは身に染みます。
とにかく健康に、周囲の世話にならず迷惑をかけずに長生きしたいと思う高齢の方も多いでしょう。
家族も「寿命」だけでなく、「健康寿命」を意識した方がよいかもしれません。
 

「平均寿命」と「健康寿命」の差が大きい日本人

日本は長寿国として、世界に知られています。
ヘルシーな和食を食べ続けていること、四季があって気温などの変化に対応できる身体をキープできていることなどが、その理由として挙げられています。しかも、平均年齢は、年を追うごとに延びているのです。

厚生労働省の調査によれば、2019年の日本人の平均寿命は女性が87.45歳、男性が81.41歳で、ともに過去最高を更新。
今後も、以下のグラフの通り平均寿命は上がっていくと予想されています。すごいことですね。
 
平均寿命と健康寿命 内閣府「令和3年版高齢社会白書」

けれど、手放しでは喜べないところもあります。
「健康寿命」という言葉を知っていますか?

WHO(*1)が提唱した新しい指標で、平均寿命から寝たきりや認知症など介護状態の期間を差し引いた期間のことを言います。
日本ではこの寝たきりなどの期間が欧米各国と比べても長いのです。
下のグラフを見てください。
 
平均寿命と健康寿命内閣府 男女共同参画局「令和3年版男女共同参画白書」


男性でも平均寿命と健康寿命の差は8年以上、女性だと12年以上もあるのです(2016年時点での調査結果)。

ということは、人生も終盤になったら、外出もなかなかできず、好きなこともしにくく、家や介護施設や病院などで寝ているだけ? 
女性のみなさんなら、12年間もそうした姿で生きて行くことになります。

地域差もくっきりと出てきます。山梨県、愛知県などは健康寿命が長い。
長野県、滋賀県などは、平均寿命は長いですが、健康寿命がそれほど高くありません。
地域の気候の特徴、暮らし方の特徴が反映しているのでしょう。あなたや、親御さんが住む地域の健康寿命はいかがでしょうか。
 
平均寿命と健康寿命
内閣府「平成30年版高齢社会白書」より

長寿はおめでたいことなのに、こんな数字を見てしまうと、誇らしい気持ちも薄れてきてしまいますね。

でも、データはどうあれ、一度きりの人生、健康に長く生きて行きたいですよね。
これは、自分のことだけでなく、親御さんに対しても同じような気持ではないでしょうか。

ずっと元気だったのが寝たきりになっていたり、認知症がかなり進行していたりして、一人暮らしもままならず、1日中、だれかに支援をしてもらっている状態が続くと、子どもたちも気持ちが落ち込んできます。
もちろん長生きしてくれることはうれしいでしょうけれど、もっと元気に、昔とそれほど変わらないような行動ができるといいですよね。
親御さんご自身だって、きっと同じ気持ちでしょう。
本当は自分でやりたい気持ちがあるのに、人に頼まなければならないことが増えていく毎日は、ちょっとつらいかもしれません。

毎日を楽しく生きるために、健康寿命を延ばすことは、とても重要です。
そして、健康寿命が短く、平均寿命が長いと、社会保障費でまかなっている介護保険料や健康保険料なども、かさんできます。
未来の子供たちに社会保障費のツケを回さないためにも、親世代には元気でいていただかなくては、と思いますよね。

*1 世界保健機関 (World Health Organization: WHO) 「全ての人々が可能な最高の健康水準に到達すること」を目的として設立された国連の専門機関。
 

厚生労働省は「健康21」で健康寿命を延ばす施策を提示

厚生労働省の掲げる「健康日本21」(*2)でもこの「健康寿命の延伸」を目的に種々の施策を立て、実行に移しています。
高齢者が、介護が必要になっても、住み慣れた地域や住まいで尊厳ある自立した生活を送ることができるよう、質の高い保健医療・福祉サービスの確保、将来にわたって安定した介護保険制度の確立などに取り組んでいます。

「介護保険って、健康ではなくなって、身体や脳が動きにくくなっている高齢者に、生活のお世話をすることでしょ? それなら健康寿命は延びないじゃない」なんて思う方もいるかもしれません。でも、それは違います。

介護保険は、高齢者にできるだけ自立した生活、つまり自分の生きたい希望に沿った生活をしてもらうために、介護の技術や経験を駆使することが目的です。
寝たきりの方でも、認知症が進んで生活がしにくくなっている方でも、できること、得意なことはたくさんあるはず。
そのプラスの面を延ばして活き活きと生きていただくために、介護保険サービスを使うのです。

もちろんこのほかにも、薬剤の見直しをして、適切な薬を処方して元気になってもらうこと、お口の中のケアを見直して、しっかり食べ物を噛めるような状態をキープすること、熱中症にならないような対策を立てることなどで、高齢者の健康を支える手立てをたくさん持っています。

私たちはこうした国の健康施策にもアンテナを張って、親や家族の健康を守っていきたいですね。

*2 「健康21」健康増進法に基づき策定された「国民の健康の増進の総合的な推進を図るための基本的な方針(平成15年厚生労働省告示第195号)」。平成24年からは方針が全部改正され、現在はいわゆる「健康日本21(第2次)」が進行中です。


おいしいものを食べてお出かけすれば健康寿命が延びる

健康寿命を延ばすには、高齢者自身の日頃の生活スタイルの見直しや、家族の働きかけも重要です。

65歳以上の方の死因では、がんが原因のことが多いですが、心臓や血管の詰まりによる脳卒中、糖尿病などが要因になって命を落とす方も数多くいます。こうした病気は、生活習慣を見直すことでも軽減することができます。
親御さんには、栄養バランスのいい食事をとってもらい、よく睡眠をとって適度な運動をする。
そして、ストレスをためない生活を心がけてもらいましょう。

高齢になったら、食べ過ぎに関しては、あまり気にしなくていいようです。
体重の減少や食欲のなさが、免疫力低下を招き、病気が治りにくくなる、新たに感染やすくなることも多いと、医療関係者は提言します。
好きなものを存分に食べ、その上で栄養バランスをとっていく、くらいに考えていいのでしょう。

お気に入りの服を着て、アクセサリーや新しいバッグなどを身につけて出かけることも、実は健康長寿につながります。
外出するときには、人前に出るので身ぎれいにします。その高揚感が身体も心も活性化させてくれます。
出かけた先ではたくさんの刺激を受けますし、いつもよりたくさん歩きます。それが楽しい運動になり、“脳活”にもなります。
疲れすぎないように配慮したいですが、行きたいところに行き、リフレッシュすることは大切です。

出かけた先でのコミュニケーションも、身体や脳の活性化に大いに役立ちます。
特に高齢の一人暮らしの方はふだん話す相手も少なく、口を動かす機会があまりありません。
外出先で家族や友達とおしゃべりしたり、笑ったり食べたり。そんな体験が、口の動きをよくして食べ物の飲み込みにも好影響を与えます。

おしゃれをしてウキウキ気分で出かけ、たくさんの刺激を受け、口を動かして帰ってくる。
そんな体験を、親御さんにたくさんしてもらえれば、もっと健康寿命が延び、生き生きとした笑顔が見られるでしょう。
今度のお休みに、誘ってみてはいかがですか。
 
 

以下のページもご参考に〜まず知っておきたい「介護の基礎知識」

「寿命」と「健康寿命」の違い…寿命と健康寿命の差が大きい日本。介護期間を長くしないために何ができる?

親が認知症になった時のために…認知症はいつ誰がなってもおかしくない病気。基本の知識を得ておこう。

「介護保険」で何ができる?…介護保険制度とは?どう利用したらいい?いざ使うときのために知っておこう。

介護にかかるお金の目安…介護で避けられないお金の話。介護の費用がどれくらいかかるのか知っておこう。

介護が始まったらすべきこと…介護は突然始まるもの。いざ、始まったら何をすべきか事前に知っておこう。

親の考えを知っておこう…急病になったら、もう親の考えを聞けない可能性も。事前に確認しておきたい。

親の生活費や年金を確認しよう…意外な貯金・借金があるかも? 親の生活費や年金を確認し試算しておこう。

兄弟姉妹で親の介護を話す…兄弟姉妹がいるなら協力して親の介護へ取り組みたい。そのために何をしたら?

親の資産の整理と把握を手伝おう…いざというときお金が引き出せないのは困る。そろそろ親の資産を把握しよう。

高齢の親の住まいはどうする?…家の古さ、親の資産や健康などを兼ね合わせて、少しずつ相談していこう。



介護が気になってきたら、少しづつ情報収集をはじめたいサービス

老人ホームは、料金も施設の種類もさまざま。
「地域にどんな施設がある? いくら?」を知っておくと、選択肢が広がりいざという時にも慌てずにすみます。


高齢の方の多くの思いは「家族に迷惑をかけず、自分も気を使わず暮らすために、自宅で生活したい」。
そんな思いをかなえるために、離れていてもサポートできる見守りカメラは、検討したいサービス。



母親・父親の介護予防にプレゼントやメッセージを

親が元気にイキイキと暮らせることは、そのまま介護の期間を減らすことにつながります。

親にとって、子供や孫とのコミュニケーションは大きな楽しみ。単調になりがちな日々の刺激にもなります。
誕生日などにプレゼントを贈ったり、日頃の感謝を言葉にして伝えることは、介護予防の観点からもおすすめです。

Oyaimaでは、高齢の方へのプレゼントの選び方や、おすすめ商品も多数ご紹介。
プレゼントは、ご指定の文章を入れたメッセージカードともにお届けします。
母親、父親が元気な日々を過ごせるよう、親を気遣うあなたのその気持ちを、ぜひ言葉と形にして届けましょう!

プレゼントを見てみる → シニアへのプレゼントの選び方


介護予防に役立つ プレゼント 人気記事

認知症予防におすすめの贈り物…予防は早めが肝心。楽しく認知症予防ができるものを贈ってみては。

気持ちが沈みがちな親へのプレゼント…気持ちが沈んだり怒りやすくなった親。贈り物で気分を変えて。

自粛・おうち時間を快適にする贈り物…家で過ごす時間をより快適に。離れて暮らす親・祖父母への贈り物。

一人暮らしの親・祖父母へのプレゼント…少し心配だけど、自立した暮らしを応援したい。そんな時の贈り物。

60〜90代 女性へのプレゼント選び…60〜90代の母親や祖母への贈り物の参考に。何がうれしい? 何がNG?

60〜90代 男性へのプレゼント選び…60〜90代の父親や祖父に喜んでもらえるものは? 年代別にご紹介。





特集



Copyright (c) Oyaima all rights reserved.