親の元気支援
 

「介護が始まったら…」だけでなく「介護状態にならないために何ができるか?」を考える

日本の平均寿命は84.2歳。世界で2番目に長いのですが、健康寿命はもっと短く74.8歳。
…ということは、人生最後の9.4年間は、いわば健康でない期間と言えます。かなり長いと思いませんか?

多くの人は、健康に長生きしてから、病気に苦しむことなくコロリと亡くなる「ピンピンコロリ」を希望します。
しかし、年を取ってもピンピン元気に生きるには、身体と心の健康が欠かせません。
この心身両面の健康を保つために、子供や孫ができること、さりげなく支援できることは意外にたくさんあるのです。

親が元気にイキイキ暮らせることは、介護期間を減らすことにつながります。
また、あなたが親と向き合う様子は、あなたの子供や配偶者、親族にも見られています。
将来あなたが年をとったときに、あなたがしたことがお手本となり、そのまま自分にかえってくる可能性も高いでしょう。
どんな形で親に関わり、支援したらよいのか、ぜひ以下の記事を参考にしてみてください。

離れていても親の状況を知り、元気づけられる関わり方

 
 

親に介護が必要になったとき、いくらかかる? 何をすべき?

 
 

介護が本格的に始まる前に、少しづつ準備をはじめよう



介護が気になったら活用したい便利なサービス

「介護」が気になってきたとは言え、多くの高齢の方の思いは
「今までの暮らしを変えたくない。家族に迷惑をかけず自分も気を使わず、なるべく自宅で生活したい」。

その思いを叶えるのに、見守りカメラは、検討したい便利なサービス。
離れて暮らしていても様子がわかり、何かあった時にはすぐ気づくことができます。

ネット回線不要・コンセントにさすだけですぐ見守り →【みまもりCUBE】



ネット接続・自動追跡やズームもできる →【ENVIZ見守りカメラ】



食生活は、健康寿命に直結します。
自分で料理ができなくても、外出してお弁当や総菜を買ったり、外食ができるならOK。
でも億劫がって食事を抜いたり、バランスが偏っているなら要注意。
そんなときは栄養を考えた冷凍弁当や総菜の宅配も検討してみましょう。

塩分ケア、腎臓病用、やわらか食 なども選べる→冷凍のおかずセット【食宅便】



管理栄養士が設計した冷凍総菜が自宅に届く →【ワタミの宅食ダイレクト】




いざ介護が必要になったときに、どこで暮らす? 同居か介護施設か…
余裕があるうちに「地域にどんな老人ホームがある? 金額の相場は?」などを調べておくと、いざという時に慌てずにすみます。

全国の老人ホーム・介護施設を気軽に検索・情報収集できる → 【LIFULL介護】


専門の相談員がぴったりの施設探しを無料でサポート→ 【シニアのあんしん相談室】



母親・父親の介護予防にプレゼントやメッセージを

親が長く元気に暮らせて健康寿命が延びると、家族が介護をする期間も減ります。

親にとって、子供や孫とのコミュニケーションは大きな楽しみ。単調になりがちな日々の刺激にもなります。
誕生日や父の日にプレゼントを贈ったり、日頃の感謝をまめに言葉にして伝えることは、介護予防の観点からもおすすめです。

Oyaimaでは、シニアの方へのプレゼントの選び方やおすすめ商品を多数ご紹介。
贈り物には、ご指定の文章を入れたメッセージカードを、無料でつけてお届けします。
母親、父親が元気な日々を過ごせるよう、親を気遣うあなたのその気持ちを、ぜひ言葉と形にして届けましょう!

プレゼントを見てみる → シニアへのプレゼントの選び方


介護予防に役立つ プレゼント選びの参考に

認知症予防におすすめの贈り物…予防は早めが肝心。楽しく認知症予防ができるものを贈ってみては。

気持ちが沈みがちな親へのプレゼント…気持ちが沈んだり怒りやすくなった親。贈り物で気分を変えて。

一人暮らしの親・祖父母へのプレゼント…少し心配だけど、自立した暮らしを応援したい。そんな時の贈り物。




Copyright (c) Oyaima all rights reserved.