top of page

実家の片付けと掃除を、親と一緒に楽しくやろう

実家の片付けと掃除を、親と一緒に楽しくやろう

実家に帰ると、「以前に比べてずいぶん汚れてきたなぁ」と思うかもしれません。

年月を経て家が古くなったこともありますが、どうもそれだけではなさそうです。


では、子ども世代はどう対処したらいいのか。

無理のない片付けや掃除のヒントをお伝えします。

遠距離で暮らしているなら、ぜひ次に帰省するタイミングの参考にしてください。

 

<目次>

 

実家が汚れる原因は、ものが増えているわりに掃除が行き届かないから


夫婦ふたり暮らし、あるいはひとり暮らしなのに、実家には物があふれていませんか?

昭和、平成、令和と引き継がれてきたさまざまなものが家に混在しています。


断捨離が苦手な人は、捨てるより買うもののほうが多いので、年月を重ねるごとに、物も積み重なっていきます。

物が多いから掃除しにくく、ほこりをかぶり、また掃除したくなくなる、の繰り返しで部屋が薄汚れてしまい、乱雑になっていきます。


かつては子どもたちが「汚すから」と頻繁に拭き掃除や掃除機かけをしていましたが、子どもがいなくなり、お客さんも減ると、どうしても掃除の意欲は低くなってしまうもの。

腰が痛い、重いものが持てないなどの理由もあって、掃除機がかけにくく、拭き掃除もしにくくなっていることもあるでしょう。


でも、ずっと放っておくとダニがわいたり、ホコリにまみれたりいて、肺疾患を招くこともあります。

また、物が多いとつまずいて転倒することも。

家の中の転倒事故は、意外に多いのです。


整理整頓せねばならないのは明々白々。たぶん、ご本人もそう思っているでしょう。

けれど、そう簡単に実家は片付きません。


よかれと思って「どうせ使わないから捨てよう」と言っても、「いや捨てられない」の押し問答になりがちです。

それを回避するには、ちょっとした言い方が大切なのです。




子どもの主観で掃除や片付けをしない。親の価値観を尊重


「あーあー、こんなくだらないものとっておいて。もう捨てよう捨てよう、持っていたってしょうがない!」

子ども世代はこんな言葉を言ってしまいがちですが、これは大間違いです。


そもそも、実家にあるものは親の保有財産です。

子どもが捨てる、捨てないに主導権を握るのは間違っています。


「こんなくだらないもの」「もう捨てよう」「持っていたってしょうがない」

それはすべて子ども側の主観。

親御さんの主観は

「大事なもの」「捨てられるわけがない」「まだ持ち続ける」

かもしれません。


いずれにせよ、親の価値感はまず尊重しましょう。

だからといって、捨てられないわけではありません。




整理をする必然性を本人が納得して「片付けよう」と言葉に出してもらえるように


家族の思い出が詰まった家に住み続けたい、きれいに保ちたいのは、親子共通の思いです。

でも、今の親御さんには、家をきれいに保つモチベーションがうすれているのでしょう。


「汚い」「片付けろ」などと言われては、ますますモチベーションが下がるか、意固地になって「うるさい、勝手でしょう」と言いたくなるかもしれません。


「みんなで住んでいた家を、いつまでもひとりできれいに保つのは大変だよね。ずっと放っておいて悪かった。大掃除で窓拭きをすることや、エアコンの掃除とか、大変なところは一緒にやるよ」

と言ってみてください。

物を捨てることより、まずは物を捨てない、掃除から持ちかけます。


年を取ると、窓拭きやエアコンの掃除、電気のかさの掃除など高い所の掃除は、とても骨が折れ、危険でもあります。

また目が悪くなると、汚れが残っていても気づきにくくなります。


清掃の専門会社などに頼めば有料でやってくれますが、「家事を何千円も支払って頼むなんて」と気が進まないのは当然です。

訪問介護を受けている場合は、「うちはヘルパーさんが来て掃除をしてくれるから大丈夫」と思っているかもしれません。

けれど、たとえば訪問介護の人に掃除を頼んでも、こうした掃除は「特別な掃除」とみなされ、ヘルパーさんの仕事の範疇外になってしまいます。


暮れの大掃除の時期とは関係なしに、もっと気候がよく、家中開け放しても寒くない時期に、家族みんなで掃除をする日をもうけよう、と提案してみませんか。

主導権を握るのは、あくまで親御さん。

「午前中だけやって、夕方はみんなでご飯を食べようよ」などと、イベント性を高くするのがコツです。


または、「うちの子も一緒にやるって張り切ってるよ」とお孫さんの名前を出せば、すぐにOKかもしれません。

「そうね、やってみましょう」と、声に出してOKしてもらうのが大前提です。

「孫にホコリを吸わせるわけにはいかないわ」と言うのなら、パートナーとお子さんは遊んでいてもらって、親子だけでやるのもOKです。


いずれにしても、声に出せば覚悟もつきますし、引き返せません。

何事もご自分で決めていただくのが一番。

「ここはやってほしい」「ここは今回はやらないで」という要望もできるだけ聞きましょう。




掃除が成功したら片付け。でも「捨てる」の言葉はNG!


掃除を協力してできるようになったら、いよいよ、物の片付けの提案です。

でも、「捨てる」の言葉はとりあえず飲み込んでください。


押し入れや引き出しがいっぱいでものがあふれて閉まらない、というときには、「ちゃんと閉まるようにする?」と聞きましょう。

孫が遊びに来るときのために、「おもちゃを少し入れたいからスペースをあけてもらえるとうれしいなぁ」などと言うのもひとつの手です。

どの親御さんも、孫には弱いものです。


処分するときも、子どもの感覚では「こんなもの、よくとっておくな」と思っても、ちょっと思いとどまり、「親の大事なものを処分するのだ」という思いで望んでください。


では処分の基準をどうするか? 

親御さんに任せすぎると、全てが「捨てられないもの」として分類されるかもしれません。

まず、目安となる基準を一緒に決めましょう。


たとえば、

・割れている、欠けている、破れている、ほつれているなど、明らかに問題がある物

・毛玉がたくさんついている、くすんでいるなど、きれいにするのが大変な物

・たくさんあってダブっている物。機能は同じ物

・食器などはセットになっていたのに、1枚、2枚しかない物

・きちんとした良いものだけど、実家では使う機会が全くなさそうな物


「これはどうしようか? こっちで代用できるよね?」と聞いてみてください。

「いや、これをとっておいて向こうを捨てよう」と、親御さんが主体的に考えてくれるようになれば、ラッキーです。




捨てがたい物はフリマへ。遊びの要素を取り入れて


親御さんがどうしても捨てたくないものは、捨てない。

上質なもので、捨てることに気持ちがゆらいでいるなら、


・「写真に撮っておこうか。それで保存しよう」と言ってみる。

・子ども世代がもらってもよいと思うものは、少しだけ持ち帰る。

・使ってくれそうな親戚や友人にあげる

・フリーマーケットや、フリマアプリで出品し、必要な人に使ってもらい、お小遣いを得る

・有効活用してくれる団体に寄付する


フリーマーケットに出すのは手間ですが、「ほんの少しでもお金が得られるなら」「使ってくれる人がいるのがうれしい」となる場合が多いでしょう。

「メルカリ」や「ラクマ」などのフリマアプリでは、シニアの利用がここ数年で何十倍にも増えているそうです。

スマホを持っているなら、やり方を教えて自分でやってもらうか、ちょっと面倒でもやってあげ、遊び気分で楽しんでみてください。

そして売れなければ、「世間的に見ても価値はあんまりないんだね」というあきらめとともに捨てる決意もつくのではないでしょうか。


掃除するのも整理するのも、どこかに遊びの気持ちを残しましょう。

「みんなで掃除してすっきりして楽しかったね!」

「物がなくなってきれいになったこの空間で、さあ、おいしいお茶を飲もう」

など、掃除や片付けを一緒にして楽しかった、という思いを子ども側がアピールすることが、親孝行。

「めんどくさかったー、ほんと気も遣って疲れたよ!」という愚痴は、あったとしても、帰路まで残しておきましょう。


戦中・戦後生まれなど、物が少ない中で工夫してきた親の世代の人生経験は、今の使い捨ての時代の中でとても貴重。

学ぶべきことも多くあります。


子供や孫から見て不要に思えるものを、親がどんな時に、どう使おうと思っているのか、何にリフォームしようと思っているのか、などを聞くのは新鮮な発見にもなります。

そんな会話も楽しみながら、実家をより快適に暮らしやすくしたいですね。





介護が気になったら活用したい便利なサービス


「介護」が身近にせまってきたとしても、多くの高齢の方は

「今までの暮らしを変えたくない。家族に迷惑をかけず自分も気を使わず、なるべく自宅で生活したい」と考えています。


できるだけ長く親の思いを叶えられるよう、高齢者を支える便利なサービスを活用してみてください。

そして同時に、介護が必要になった時の準備のために、少しづつ情報収集をはじめてみましょう。

 

<老人ホーム情報>


もし介護が必要になったらどこで暮らす? 

同居か介護施設か……誰もが悩むポイントです。

ですが、選択肢の一つとなる「老人ホームや介護施設」について、どんな場所なのか、いくらかかるのかなど、詳しく知っている方は少ないでしょう。


時間や気持ちの余裕があるうちに、地域にどんな施設があるのかや費用の相場観をつかんでおくと、いざ判断が必要になった時、あせらずに賢い選択ができます。

今の暮らしをいつまで続けられるか冷静に判断するためにも、老人ホーム検索サイトなどで早めに情報収集をしておくといいですね。


 

みんなの介護 (株式会社クーリエ)

初めて介護施設を検討する初心者におすすめ 老人ホーム検索サイト

おすすめの老人ホーム・介護施設検索サイト_みんなの介護 (株式会社クーリエ)

テレビCMでおなじみ、日本全国の老人ホームを掲載している検索サイト。

2023年5月時点で掲載施設数は51,000件と業界No.1。

サービス開始以来、200万件以上の入居相談を行っており、実績も豊富です。


施設探しの際は費用は一切発生せず、無料で希望に合った施設を探すことができます。


「地域ごとの金額相場」、「介護施設人気ランキング」、など役立つコンテンツが豊富。

おすすめの老人ホーム・介護施設検索サイト_みんなの介護 (株式会社クーリエ)

「360度 VR施設見学」では、施設内を歩いて見学しているように、施設のすみずみまで確認できます。

実際に施設を見学した方の★評価や、クチコミも参考になるはず。


初めて介護施設を考える方におすすめしたい、わかりやすいサイトです。


 

<見守りサービス>


見守りサービスは、離れた場所から様子を見守り、何かあればすぐに対処できるようにするサービス。

長時間動きがない場合に異常として検知しメールで通知したり、カメラを設置してリアルタイムで映像を写したり。

実際に人が駆け付けてくれるサービスもあります。

また、スマートフォンも便利な見守りツールの一つです。


 

みまもりCUBE (株式会社ラムロック)

実家の様子をスマホで確認。SIMカード内蔵で、コンセントにさすだけですぐに使える

高齢親の見守りサービス_みまもりCUBE

親の自宅の居間など、設置したい場所のコンセントにさすだけで設置完了。


部屋の様子を映像でリアルタイム配信します。

家族はスマホやPCからいつでも映像を確認でき、何人でも、どこらでも閲覧可能。


映像を見ながら、簡易的に双方向で会話をすることもできます。


高齢親の見守りサービス_みまもりCUBE

「家にいる?」「食事はとった?」など、ちょっとした心配をすぐ確認できます。


<利用料>

・1年プラン 月々5,940円(消費税込)

*30日間のお試しキャンペーン期間中は3,190円/月。

*2023年9月4日時点の料金。料金は変わる場合があります。



 

中古スマホ・タブレット (伊藤忠グループ 株式会社Belong にこすま)

万能ツールのスマホをお手頃に入手できる 伊藤忠グループの中古スマホ専門店

高齢親のおすすめ見守りサービス_中古スマホ・タブレット (伊藤忠グループ 株式会社Belong にこすま)

いつでも通話やメールができるスマートフォンは便利な見守りツールです。

家族間のコミュニケーションはもちろん、ネットで好きな情報を見たり、写真を撮ったり、音楽を聴いたりと、毎日に楽しみも増え、介護予防にも一役かいます。


また、GPSアプリを入れておけば、万が一何かあった時にも居場所が確認ができます。


とはいえ、今やスマホはかなり高額。中古のスマホだと安いけれど、ちょっと心配・・・。

そんな方におすすめの「にこスマ」。伊藤忠グループ運営の、今、メディアでも話題の中古スマホ専門店です。

高齢親のおすすめ見守りサービス_中古スマホ・タブレット (伊藤忠グループ 株式会社Belong にこすま)

SIMロックなしの厳格な検査に合格した端末のみを販売。端末一つ一つを360度から撮影しWEB上に掲載しているので、購入前に傷の有無も詳細に確認し、ネットでそのまま購入できます。


利用者満足度も高いおすすめのサービスです。


<料金>

・iPhone7 (32GB)ゴールド 11,500円 (消費税込・送料込)写真上

iPad (第5世代・32GB)シルバー28,000円 (消費税込・送料込)写真下


*上記はにこスマでの2023年9月4日時点の中古販売価格。iphoneシリーズは、6sから13まで10,057台の在庫があり、9.500円~102,400円で販売。


 


<毎日の食事を支援するサービス>


食生活は、健康寿命に直結します。食事を抜いたり、バランスが著しく偏っているなら要注意。

高齢になると、高血圧や糖尿病、腎臓病などの持病を抱え、薬を服用する方も増えます。

バランスのよい食事は若い時以上に重要ですが、塩分やカロリーを計算しての調理や食事は大変。

持病がある方向けのミールキットやお弁当なら、そんな負担を軽減し健康的に食事ができます。


 

高血圧の方向け 塩分制限 料理キット (ウェルネスダイニング株式会社)

食材・調味料などがセットになった 簡単に制限食を作れるミールキット

高齢親の定期宅配サービス_高血圧の方向け 塩分制限 料理キット  (ウェルネスダイニング株式会社)

フライパンと油があれば、誰でも手軽に15分で調理完了。

健康のために塩分を制限したいと考えている方や血圧が気になる方におすすめ。

1食あたり塩分2g以下に調整した塩分制限の宅配 料理キットです。


管理栄養士が監修。カット済み食材と調味料やたれがついているので、レシピを見ながら簡単に調理できます。料理が不慣れな方も安心。


冷凍で届き保存できるので、予定に合わせて無駄なく食べられます。


<料金例>

・7食で5,508円(消費税込)

*ほかに、糖尿病の方向け・腎臓病の方向け・食生活の偏りが気になる方向け、などの3コースがあります
*2024年4月18日時点。変わる場合があります。


 

健康うちごはん (メディカルフードサービス株式会社)

ヘルシー弁当、高血圧・糖尿病の方向けなど、充実ラインナップの宅配弁当

高齢親の定期宅配サービス_糖尿病・腎臓病・心臓病対応健康うちごはん

医療介護食専門メーカーが作るヘルシーな宅配食。

管理栄養士が栄養計算し、自社工場で生産。

冷凍庫で保存できるので、食べたいときにレンジで温めればOK。手軽で助かります。


バランスのとれた健康弁当のほかに、糖尿病・腎臓病・心臓病や、高血圧・肥満など、体の状態にあわせたコースが多数用意されています。


<料金例>

・バランス健康食お試しセット(6食セット)

6食で4,881円(消費税込)

*2023年9月4日時点の料金。料金は変わる場合があります。


 


母親・父親の介護予防にプレゼントやメッセージを


親が長く元気に暮らせて健康寿命が延びると、家族が介護をする期間も減ります。

そのためには、楽しみや張り合いのある生活が重要です。


親にとって、子供や孫とのコミュニケーションは大きな楽しみ。

単調になりがちな日々の刺激にもなります。

誕生日や、母の日・父の日にプレゼントを贈ったり、日頃の感謝をまめに言葉にして伝えることは、介護予防の観点からもおすすめです。


Oyaimaでは、年配の方向けのプレゼントの選び方やおすすめ商品をご紹介しています。

親や祖父母を気遣うあなたのその気持ちを、ぜひ、ギフトという形で届けてみませんか。




Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page